読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

慎ましく暮らしたい

休日にダラダラせずブログに書けるようなネタを探そう,と思い立って始めたブログ.このブログは副産物であり備忘録でもある.あと結婚報告用のブログでもある.※このブログはフィクションであり,登場する人物,団体,組織名,ピィー氏は架空の人物です.

だんだん意識が高められていく

ここ一ヶ月は研修漬けであった.
2週間前は研修合宿とかで,ヘンピなとこへ行き仕事の進め方を学ぶ.
確かに私達は仕事のイロハもわかっていないようなヒヨッコではあるが,アレはきつかった.内容は主にグループワークであったのだが,一つワークを終えるごとにランダムで当てられてこちらに感想を聞いてくるのだ.当てられた人はみんなこう言う.

「私達はこれまでこんな事を考えてこなかった.如何に自分が未熟かを思い知った.これからは○○を心がけていきたい.」

私はこれらのコメントを聴いて,内心穏やかじゃなかった.
「どうなってんだ?」
「なんでみんな意識が高いの?」
「実際怖い」

あとで聞いた話だが,みんな意識の高いフリをしていただけなのだが,その時の私は恐怖に慄いていた.

また,ビジネスを進めるロールプレイングを行った.内容は取引先の方と会って話を聞き,それを踏まえコンペを行うといったものである.これもひどかった.至る所にトラップが張り巡らされていて,それについて逐一怒られるのだ.しかも激オコ!
私達の班なんて
「やる気が無いんだったら帰れよ!」
言われたのだ.
その際私は申し訳無さそうな顔をしつつ出口に意識を張り巡らせていた.
実際いつでも帰る準備は出来ていた.そして無言を通していた.台風とヒステリーは収まるまでじっとしておくのが基本である.そうこうしていたら班員の一人が「いえ,続けさせてください」というもんだから,私も便乗することにして,なんとか事なきを得た.

ワーク終了後に講師から「立ち直ったか?」と聞かれて,私はにこやかな笑顔で「大丈夫です!!」と答えたが,内心では「何言ってんだこいつ」とやる夫がPCモニターの前でガリガリ君を食べているAAのような心境だった.

講師の言ってることに間違いはないのだが,やり方が汚い.社会人は汚いのだ!!この研修でこのことを学んだだけでも十分な成果といえるだろう.



ところで,艦これのイベントが始まりましたね.
私はなんとかクリアしました!!



終わってみての感想だが,秋のE-4,E-5に比べれば相当楽であった.
秋の後半は1ステージ8時間張り付きっぱなしだったのである.
それに比べたら今回はまとまった時間の取りづらい社会人にとっては良いイベントではなかろうか.

ありがとう運営!
ありがとうプリキュア!!
ありがとうプリキュアハンター!!!