読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

慎ましく暮らしたい

休日にダラダラせずブログに書けるようなネタを探そう,と思い立って始めたブログ.このブログは副産物であり備忘録でもある.あと結婚報告用のブログでもある.※このブログはフィクションであり,登場する人物,団体,組織名,ピィー氏は架空の人物です.

ますたーピィー氏とグルメな客

事は2日前に遡る.
ピィー氏は考え事をしていた.というのも仕事が単純作業なので他にすることが無いからである.そこで「そういえばあいつら(中学時代の同級生)に会ってないなぁ」とふと思ったわけで,退社後メールを送った.それで遊ぶことになった.特に何をするかも決めずに…

当日,特に何をするか集められた男たちが三人.とりあえず近況を報告しつつ何故か話はアイマスへ.そしてそのまま映画を見に行く流れになる.映画館に行くと上映までに時間があったのでカラオケに行きアイマス曲を歌い,コール打った.テンションを上げてムビマスに臨むのだ.

ムビマスだが話に聴いていた通りのものだった.この映画の全ては最初の嘘予告と最後のライブシーンに集約されているといっても過言ではない.途中は,うん,まあ…という感じである.ストーリーに関しては普通だが,P向けの映画としてはアレである.Pとしては永遠とライブシーンを観せられた方が良かったのでは無いだろうか.しかし,最後のライブシーンは感動モノで,僕も体がウズウズしてきて動き出しそうな体を抑えるので精一杯だった.

もちろん帰りグッズを購入するわけである.映画を観ればパンフは購入するものである.


そしてメイトに寄ってCDも購入するのもまた必然である.

店員「スタンプラリーありますけどのカードをお作りしましょうか?」
ピィー氏「うむ」
店員「スタンプ貯まりましたのでポスターが付きます」
ピィー氏「!?」


夕飯は焼肉十番のカルビ丼を食べた.相変わらずここのカルビ丼はうまい.僕達が美味しくカルビ丼を食べている最中のことである.
大声「ごちそうさまでーす!!」
突如店内に響渡る程の大声が聞こえてきた.それを発したおっさんはすぐに店をでた.おっさんが食べてたホルモン丼を見るとほとんど残っていた.どうも一口ホルモンを食べたあと出て行ったようだった.そんな奴本当にいるんだぁ,という感じである.彼は一体何者だったのか.ただのグルメなのかはたまた….


何はともあれ急に何も決めずに遊びに行くことになったが(大体ピィー氏のせいだが),楽しめた休日になったのではなかろうか.良いアイマス日和であった.