読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

慎ましく暮らしたい

休日にダラダラせずブログに書けるようなネタを探そう,と思い立って始めたブログ.このブログは副産物であり備忘録でもある.あと結婚報告用のブログでもある.※このブログはフィクションであり,登場する人物,団体,組織名,ピィー氏は架空の人物です.

ピィー氏専用ついったークライアントの開発日記(その1)

前回の日記で書いたやりたいことを一つ消化したピィー氏を待っていたのはクライアント開発だった.

その昔,友人のおづにゃんが自分で作ったついったークライアントを使っていたのを見て,私もやりたかったのだが,なにぶんスマホを持ってなかったため断念していたのだ.去年の11月の最後にガラケーからスマホに変え,念願のあんどろいどアプリの開発が出来るようになったのだ.とりあえずPCに開発環境を入れ,はろーわーるどした.もうこれだけで十分楽しい.✌('ω'✌ )三✌('ω')✌三( ✌'ω')✌

そしてネットに転がってるソースを貼っつけ少々変更し,専用アプリ(最低限の機能しか無い)が完成した.

その名も
『17才JKメガネっ娘 for Android
である.

そもそも17才JKメガネっ娘とはなんぞや.
これは前に私が作ったwindows用ついったーくらいあんとであり,TLも見れず,つぶやくことしか出来ない低機能なものである.本アプリもこの『低機能』という点は引き継がれている.
ちなみに公開は絶対にしない.

以下に『17才JKメガネっ娘 for Android(以下,17才JKメガネっ娘)』の詳細を示す.


<概要>
「17才JKメガネっ娘

それは,その名のとおり,ピィー氏専用ついったークライアント.
本来,ピィー氏としてついったーをするには高度な知識やかなりの精神力などが要求され,キャラの構築,情報の操作などによって手間がかかるものである.

17才JKメガネっ娘は「スマートフォン」(スマホ)の知識さえあれば簡単にPOST出来るのである.
プログラムの中で,ピィー氏の人格をエミュレートし,つぶやく.
しばしば誤解されるが,17才JKメガネっ娘自体には特別な力が宿っている訳ではなく,要するにキャラの構築をオートプログラムでやってくれるだけの機械にすぎない.それに加え,TLに現れたピィー氏がファボやRTではなく,お○ぱいの現物支給を要求するという,一種の”日常”が生まれたことにより初めて17才JKメガネっ娘という物が成立したのである.

そのため,ピィー氏そのものをプログラム化するのではなく,ピィー氏としてつぶやくための”呪文”をテキストファイルとしてメモリーするのである.

しかし,危険なのは”容易につぶやける”ことである.

あくまで,17才JKメガネっ娘はピィー氏としてつぶやくためのもので,制御する機能は存在しない.
素質がない人がつぶやくと,炎上してしまう危険性さえありえるのだ.



<機能説明>
『緑にして萌葱』
ピィー氏の使用しているスマホは緑色をしており,それに合わせてアプリの画面の色も緑色(萌葱色)にしている.そういうところにこだわる細やかな感性,ピィー氏さんらしいですね.
f:id:LN2KZSP:20150111233834p:plain
(萌葱色の背景に流れるつぶやき達.なんと優雅であろうか.ちなみにユーザーストリーム非対応(今後対応させる気はない)なので手動で流す必要がある.)


『略式詠唱』
前述のとおり,ピィー氏としてつぶやくには様々なコストがかかる.これを解消するために開発したのが略式詠唱である.これにより画面上部にあるボタンを押すだけでピィー氏の口癖をPOSTすることが出来る.
上部のボタンはそれぞれ,左から「お○ぱい揉みたい」「お酒飲む」「17才JKメガネっ娘で~す♪」「100年くらい寝ます」「幸せな未来が見えない」に対応している.
f:id:LN2KZSP:20150111233912p:plain







現状ではこの程度の機能しか実装されていない.今後はもう少しまともな機能を実装していきたい.そしてこの日記のタイトルに(その1)と書いているが(その2)に続くとは言ってない.